不動産投資は生命保険代わりになる理由(初心者向け)

不動産

不動産投資は生命保険代わりになると聞いたけど本当なの?具体的な内容を知りたい。

こういった疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 団体信用生命保険の理解
  • 団体信用生命保険の最大のメリット

この記事を書いている僕は、2016年から不動産投資を初めて7棟57室を運営しております。基本的に臆病で慎重派の僕が、今回は超初心者向けに『団体信用生命保険』の内容を書きました。かんたんに読みやすい記事に仕立てております。

結論、初めての物件には付けておいて、いいと思います。

団体信用生命保険の理解

団体信用生命保険の理解

団体信用生命保険とは

あなたが死亡した時に、物件の残債を保険会社が支払う保険です。

ローンが長期で高額のためローンを組んだ人が万が一亡くなった場合に保険会社が残債に相当する保険金、 最大1物件につき1億円を金融機関に本人に代わって支払ってくれるという仕組みのことを言います(銀行により3億まで)。 指定の高度障害になっても団信は適用されます。

個人で不動産を購入する場合は、1物件1億円までが団信の保証上限です。 物件が2億円など1億円以上になる場合は、1億円の団信付き融資と1億円の融資に分けて申し込むという方法もあります。

団体信用生命保険の注意点

  • 団体信用生命保険の有無により金利が変わる銀行もある
  • 団体信用生命保険が必須ではない銀行もある(金利が安くなる)

団体信用生命保険のメリット

  • 金融機関ごとのまとめて申込むため、掛け金がやすい
  • 加入時年齢による保険料の違いない
  • 金融機関のなかには、掛け金を負担してくれるところもある
  • がん、脳卒中、急性心筋梗塞などの三大疾病保証付き
  • さまざまなバリエーションが増え、疾病などに対応が可能
  • 現在加入している生命保険の見直しを見当してもいいかもしれません。

団体信用生命保険の最大のメリット

団体信用生命保険の最大のメリット

ローンの返済額を上限1億円分保証

物件が1億円以下であれば、加入した人に万が一の事態が起こったとしても

残された家族にはローン返済後の不動産がそのまま残ることになります。

不動産賃貸業をそのまま継続

家族は月々の家賃収入をローンの返済金なしで、得られることになります。


不動産を売却

まとまったお金も手にすることができます。

これらの充実した保証は、とても生命保険だけでは得られない保証でしょう。
生命保険でその保証を得ようとすれば、かなり高い生命保険料を長期間、支払い続けなければならないでしょう。 このように団体信用生命保険は、生命保険の代わりになるだけでなく、生命保険以上のメリットがあるのです。

団体信用生命保険のまとめ

  • あなたが死亡等した時に、物件の残債を保険会社が支払う保険
  • 万が一の時に残された家族に不動産が残る
  • 生命保険を解約して月々の負担が軽くなる

不動産投資はリスクが伴いますが、知識を付けて行動することで毎月の負担が軽減できます。さらに充実した保証も付くというメリットもあります。

いますぐ家族と将来設計のために話し合いをしてみましょう。

※団体信用生命保険は「団信」と略されることが一般的です。

[期間限定]無料で聴きながら読めるAmazonオーディブルで不動産の勉強ができる

【初心者向き築古戸建て再生系】

空き家を買って、不動産投資で儲ける!

「オーディブル」の画像検索結果



コメント

タイトルとURLをコピーしました