不動産投資の7つリスクを理解して失敗を防ぐ[初心者必見]

不動産
不動産投資を始めたいがリスクが大きそう。どんなリスクがあるのか知りたい。リスク回避はできるのかな?

不動産投資を始めたいがリスクが大きそう。どんなリスクがあるのか知りたい。リスク回避はできるのかな?

こういった疑問に答えます

本記事の内容

  • 不動産のリスクが理解できる
  • リスクへの対応方法への考え方が把握できる

この記事を書いている僕は、2016年から不動産投資を初めて7棟57室を運営しております。基本的に臆病で慎重派の僕が、今回は超初心者向けに『不動産投資のリスク』を書きました。かんたんに読みやすい記事に仕立てております。

不動産投資のリスクとは?(初心者向け)

不動産投資のリスクとは?(初心者向け)

不動産投資のリスクは大きく7つあります。

本記事の不動産投資のリスク以上に最も失敗するケースは、勉強もろくにせずに知識がない状況で不動産を取得してしまうことです。

楽して稼ぐということはまずありません。

一緒に知識武装していきましょう。

  1. 空室リスク
  2. 家賃滞納リスク
  3. 流動性リスク
  4. 修繕リスク
  5. 外部環境リスク
  6. 金利上昇リスク
  7. 災害事故リスク

①空室リスク

入居者が現れず賃料収入が入らない

②滞納リスク

入居者が家賃を払ってくれない

③流動性リスク

不動産は現金化しにくい

④修繕リスク

建物にかかる修繕費用

⑤外部環境変化リスク

人口変化等による需要の変化

⑥金利上昇リスク

金利の上昇によるローンの影響

⑦災害事故リスク

地震・災害などによる被害

まずは大枠を掴んでほしいので1行だけで説明しております。7つのリスクすべて別の記事を起こしておりますので時間があるときにでも読んでくださいね。

不動産投資のリスクのコントロール

不動産投資のリスクのコントロール

不動産投資のリスクには「コントロールできる」リスクと「コントロールできない」リスクの2種類があります。 「コントロールできる」リスク があるから不動産投資は「不動産賃貸業」や「不動産事業」と呼ばれます。学びを深めていくと投資ではない側面が見え、安定的に運営できる仕組みが見えてきます。

コントロールできるリスク

コントロールできないリスク

一度に情報を詰め込むと消化不良をおこしてしまうので、別の記事でそれぞれのコントロール方法や対処方法をお伝えします。

不動産投資のリスクのまとめ

  1. 空室リスク
  2. 滞納リスク
  3. 流動性リスク
  4. 修繕リスク
  5. 外部環境リスク
  6. 金利上昇リスク
  7. 災害事故リスク

コントロールできるリスク・コントロールできないリスクが存在する

大事なのはまず知識武装すること・勉強すること

不動産投資のリスクはほぼ購入前に確認できるリスクです。

知識武装である程度は回避ができます。

一番のリスクは勉強をまともにせず判断基準をもたずに買ってしまうことです。

これから学びを深めていきましょう!

[期間限定]無料で聴きながら読めるAmazonオーディブルで不動産の勉強ができる

空き家を買って、不動産投資で儲ける!

「オーディブル」の画像検索結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました